Today’s menu


 

菊芋餅
Sunchoke Rice Cake

ビーツと米のチップス
Beet & Rice chips

ベニバナボロギク
Wild garland chrysanthemum

蓮根
Renkon(Lotus root)

芥子菜
Mustard Leaves

南瓜
Pumpkin

人参
Carrot

カツオ / キハダマグロ
Skipjack / Yellowfin Tuna

阿蘇産 あか牛 / 宮城県牡鹿産 鹿肉
NOBUYUKI Beef / Venison

熟成牛
Aged Beef

洋梨 金木犀のアイスクリーム
Pear
Osmanthus ice cream

お茶菓子
Cha-gashi

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
– Maruta keywords –
 
「薪火」
Marutaの真ん中には、薪火があります。
コースはいつも、火起こしから。その火は釜戸や暖炉へと分けられ、ほぼ全ての料理に使われていきます。食材を炎で炙るだけでなく、ケーキに薪を直接押し当てたり、熾火の中に野菜を入れたり、釜戸でお燗を温めたり。そして人々は火を囲み、うたた寝したり語り合ったり。炎が媒介となり、人と自然と時間とをつなげていきます。
 
 
 
「シェア」
料理も空間も、シェアが基本のスタイルです。
大皿の料理をひとつのテーブルで分けあい、最後の仕上げを皆さんに協力していただくこともあります。その過程に偶然はあっても、きっと失敗はありません。そして、シェアするのは人間同士に限りません。例えば庭の植物たちや生き物たちとも同じこと。採り尽くしたりせず、また来年も育つように。私たちはすべての資源を自然と分け合っています。
 
 
 
「ローカルファースト」
仕入れは、できるだけ近くの地域から行います。
例えば野菜は、調布市内や隣の三鷹市から。薪材は、東京唯一の村・檜原村から。立地を生かし、調布飛行場に届く東京の離島の魚介や果物を使うこともあります。肉や魚は遠方から届くこともありますが、生き物との共生を第一に考える方、共感しあえる方からいただくことを大切にしています。自然に逆らわず、生産者さんに無理をさせない。そのとき採れた分だけを使い、コースを構成しています。
 
 
 
「ゼロウェイスト」
ごみが出ないレストランを目指しています。
植物は皮や根まで、魚は骨まで。余りそうな食材は調味料や保存食にして、少し先のお楽しみにとっておきます。生ごみを減らすため、庭にはコンポストを設置。店内には大きなゴミ箱を置かず、食材以外のごみもできるだけ少なくできるように工夫を続けます。レストランができる最善を考え、取り組み、発信をしていきます。
 
 
 
「野生/野性」
Marutaは、ふたつの「ヤセイ」を探求します。
ひとつは、食材の「野生」。近所の緑地にも東京の山地にも、魅力的なものがたくさん。自然に生きるものを食材と捉らえ、価値を見出します。その可能性を共に研究できる仲間も探しています。もうひとつは、自分たちが持っている「野性」。大地の上で炎を囲み共に食事をすることは、人間の営みの本質であると考えます。その経験を通じて、周りの生き物たちに対する感性がひらき、振るまいが変化していく。それこそがMarutaが提供する体験です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
– Topics –
 
深大寺ガーデンのこと / GREEN WISEのこと / Maruta online shop